視力矯正で視界を広くしよう│EYEに優しい愛手術

手をかざす看護師

様々な種類

費用がかからない方法について

笑顔のメガネの女性

視力が悪くなると、日常生活に支障が出てしまうようになります。小さな文字を読むと目が疲れてしまうため、仕事や勉強がはかどらなくなくなりますし、頭痛や肩こりも起こりやすくなります。また、薬瓶に書かれている用法が読めずに誤った量の薬を服用してしまうこともありますので、不便だという言葉で済ませていられるような話ではありません。目の見え方が悪くなっている場合には、何らかの方法で視力矯正をするようにした方がよいです。視力矯正方法には、様々な種類のものがあります。昔からよく用いられているのはメガネを使用して視力矯正をするという方法ですが、それ以外にも、コンタクトレンズを使ったり、レーシック手術を受けたりする方法があります。いずれの方法を取る場合でもそれなりの費用がかかりますので、経済的な余裕があまりない人にとっては大きな負担になってしまいます。でも、お金をかけずに視力矯正をする方法がありますので、簡単に諦めてしまう必要はありません。お金がかからない視力矯正方法には、眼瞼筋を鍛える体操、マジカルアイ、ツボ押しなどがあります。

レーシック手術の費用について

セルフトレーニングをいくらやっても視力を回復させることができない場合は、メガネやコンタクトレンズを使って視力矯正することを検討してみるのが望ましいです。メガネとコンタクトレンズを比較すると、メガネの方がコストが安くあがります。また、メガネの場合は一度作るとかなり長く使い続けることができますが、ソフトコンタクトレンズは2weekタイプが主流になっていますので、定期的に眼科に通って新しいレンズを購入する必要があります。そのため、長い目で見るとかなり高額の費用がかかってしまうことになります。そんな状況を背景にして、近年注目を集めるようになってきたのが、レーシック手術を受けるという方法です。レーシック手術の費用は、クリニックによってマチマチになっています。安い所であれば片目10万円前後の料金で手術を受けることができますが、高い所は片目で50万円以上かかります。だいたい両目で30〜50万円位が相場料金になっていますが、将来的に発生する費用をトータルで考えると、コンタクトレンズよりも安くあがる可能性が高いです。