視力矯正で視界を広くしよう│EYEに優しい愛手術

手をかざす看護師

砂糖を控える

視力矯正のための栄養

女性の目元

視力矯正のために栄養が必要なのは言うまでもありませんが、必要以上に摂取してはいけない食べ物も存在するそうです。 それが、砂糖が入っているものだと言われています。砂糖を必要以上に摂取することは、身体に良くないことは直感的に理解できるものです。しかし、それを抑えることは簡単なことでないこともまた、直感的に理解できるのではないでしょうか。 砂糖を食生活の中から奪うことはできません。いきなり減らすことも難しいでしょう。そこで少しずつ上手に減らすことが必要とされます。砂糖のない生活は味気ないという人も、少しずつ減らしていくことで、薄味に慣れていけば良いのではないでしょうか。慣れというものは、意外と楽なものですし、無理をしてストレスになってはいけません。

カルシウムについて

視力矯正にはビタミンAやアントシアニンが特に良いとされていますが、それと同様に必要な栄養素があります。カルシウムです。 カルシウムが不足することで、毛様体筋の働きが鈍くなり近視になりやすいと言われています。牛乳や小魚などを摂取したり、サプリメントで補ったりする工夫が必要と言えるでしょう。 また和食中心の食生活は、視力矯正に大いに効果があるといわれます。ビタミンA,B群、C、E、DHA、アントシアニンなどを含む、旬の野菜、果物や魚を上手に献立に取り入れていくと良いでしょう。 またストレッチやマッサージとして、首周辺のコリをほぐすのも、視力矯正に効果があると言われています。視力の悪い人は、首の筋肉が凝り固まっている人が多いそうなので参考にしてください。